Plaything

作詞:Hi-50
作曲:阿部 拓也

思考回路必要は無い
意志や自我も必要は無い
指先の動きひとつまでもが
誰かの指示によるものである
姿・形 機械仕掛けの
流行り物の玩具なんです
ありふれたもののひとつとして作られた
『ボクラハナンノタメニ』
ひとつの道具に過ぎない
ボクらは満たされはしない
現実を観れば虚しさが募る
軋むこの腕 錆び付いてゆく足も
壊れてく
声に出して話しはしない
例え何を思っていても
仕様・用途 全て決められてる
ボクらは何も語りはしない
『ただの道具』そうだとしても
夢や理想 持つ事もある
現実逃避 無数繰り返し
何度も他人を羨んでいた
どうして身体が冷たい
生命の音さえ聞けない
求めるかは気分次第なんだろ?
別に構わないさ 所詮ボクらは
玩具です
もし生まれ変わるコトができるなら
温もりと鼓動を感じてみたいよ
いつかは
現実を観れば虚しさが募る
軋むこの腕 錆び付いてゆく足も
壊れてく...